子どもの権利条約フォーラム2021inかわさき 開催報告

2021年11月6-7日の2日間、「子どもの権利条約フォーラム2021inかわさき」が、同フォーラム実行委員会主催で、神奈川県川崎市にて開催されました。川崎市は、日本で初めてこども権利の総合条例である「川崎市子どもの権利条例」を2001年に施行し、2021年で条例制定20年を迎えた記念の年の開催となりました。
1日目は、講演会と子ども実行委員とのシンポジウム、2日目は、分科会が主に行われました。昨年に引き続き、コロナ禍での開催となったため、会場とオンラインでのハイブリッド形式での開催となりました。

「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン」では、フォーラムの広報や、実行委員会組織や賛同団体による分科会への参加などを行いました。

分科会A-6 「子どもと考える子ども庁と子ども基本法」

2日目の分科会A-6「子どもと考える子ども庁と子ども基本法」は、「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン」のメンバーと、これまでに子どもの権利などの政策提言にかかわってきた子どもが一緒に分科会の企画・実施を行いました。当日は、会場には25名、オンラインでは30名、合計55名の方々にご参加いただきました。

まず最初に、子ども運営委員による進行で挨拶が行われ、オンライン及び会場ともに安心して話し合いを進めるうえでの約束や留意点の説明が行われました。

子ども庁や子ども基本法についての説明

次に、キャンペーン政策提言チームより、話題提供として、子ども庁や子ども基本法に関する説明や、政策提言チームが作成した国連子どもの権利条約を基盤にした「子どもに関する基本法」が制定されることを求める提言書の紹介が行われました。

【参考】今こそ「子どもに関する基本法」の制定を!(9/21付)

「子どもの権利が尊重されないと感じた時」についての話し合い

続いて、「今までに(子どもとして「権利」)を尊重されていないと感じたとき」というテーマで会場およびオンラインともに参加している子ども世代から話を聞く時間をもちました。参加した子ども世代からは、以下のような声が寄せられました。

  • 中学校で環境問題に対して友人とアクションを起こした時、学校の先生から「子どもなのにまだ早いのではないか」と言われ、意見を言う権利が尊重されていないと感じた
  • 小学校で男子と女子を差別する先生がいて、もやもやした気持ちを生徒が伝えようとすると、「子どもだから」と流されてしまい環境を変えられなかった。尊厳が守られないと感じた。

その後、子ども、おとなを混じえて、会場とオンラインでそれぞれ少人数にわかれ、同じテーマで話し合いを行いました。全体共有の時間ももちました。その際には以下のような声が寄せられました。

  • 子どもが遊ぶ場所がない。
  • 子どもの権利について、「守っている」と思っている先生と、「守られていない」と思っている生徒の間で食い違いがある
  • 親子の間でも、親からの押し付けなどにより、子どもの尊厳・権利が守られないことがある。

子どもの権利を日本で保障していくためにできること」についての話し合い

次に「子どもの権利を日本で保障していくために、子どもやおとな、それぞれの属性からできること」をテーマに会場とオンラインで子ども世代、おとな世代に分かれて、話し合いを行いました。話し合いでは、子ども世代からは以下のような声が寄せられました。

  • 子どもの属性からできるのは、まずは周りに広めること。
  • 子どもの権利条約、子ども基本法、子ども庁の創設は、子ども自身に関わることなので、日頃は社会問題にアクションを起こすことに興味が無い子どもでも、自分たちに直接関わることとして、アクションを起こしたり声を届けたいと思うかもしれない。なので、周りの同世代に伝えるのがまずできることだと思う。
  • 子どもの権利についてわかりやすく言い換えて伝えている児童館の事例を聞いた。伝え方を工夫すると、権利についてもっとわかりやすく伝わると思う。

また、おとな世代からは以下のような声が寄せられていました。

  • おとなが子どもの意見を聴くために、おとなが子どもの力を感じる機会を持つことや、おとな自身が安全でいられる環境・心理的安全性の確保、ナナメの関係が大事。
  • おとなが子どもにもっとわかってもらえるように伝え、子どもが意見を言いやすい状況をおとなが作ること、子どももそれに歩み寄れるような双方向の環境づくりができたらよい。

子ども庁や子ども基本法について思うことの共有

話し合いの後には全体共有の時間が設けられました。その折に、子ども庁や子ども基本法についての率直に思うことについて、司会から子ども世代の参加者に質問したところ、以下のような声が寄せられました。

  • 子ども庁や子ども基本法はぜひ作ってほしい。子どもの権利を守るために作られるものだと思うが、子どもの権利があることをそもそも知らない子どもが私の周りには多いので、それを広めるためにも作ってほしい。
  • 子ども庁については、現状は色々な省庁に分かれてバラバラになっていると聞いたので、それを1つにまとめて子どもに合ったしくみをつくってもらった方がいいと思うので賛成。だが、フォーラム1日目のオープニングセレモニーで、子ども基本法を先に作ってしまうと地方がそれにならって条例を作ってしまうという懸念を発言していた方がいて、驚いた。確かに地方にいる一人ひとりが考えなくなってしまうと子どもの権利が守られなくなってしまうので、国も地方も同時にできるといいと思った。

これを受けて、本キャンペーン共同代表の甲斐田万智子が「子ども基本法は普遍的なもので、どこにいても子どもの権利が守られるようになるもの。地方の子どもたち一人ひとりに合わせて権利が実現していくようにするためにも、必要な法律だと思います。子どもの権利に基づく子ども基本法が作られるよう、本キャンペーンでは提言している。子ども基本法が作られようとしている今、子どもたちの声をぜひあげてほしい」と返答がありました。

全体振り返り・まとめ

その後、分科会の学びの振り返りを行い、最後に、総括として子ども運営メンバーが以下のように発言を行いイベントは終了しました。

「自分にとっては、子どもの権利についておとながどう考えているかを初めて聴けた機会だった。おとなが真剣に考えてくれているとわかって嬉しかった。2つ目のテーマで子どものグループで話し合ったとき、子どもの権利について知らない子ども、子ども基本法に反対する人も多いのが現状だという意見があった。反対する人とも話す機会があればよいという意見が出たのが心に残っている。子どもにもおとなにもすべての人にとって素敵な社会になるよう、一丸となって子ども基本法の制定に向けて進んでいきたい。」

参加した子どもの感想

イベント後に運営メンバーとしてかかわった子ども世代に感想をいただきましたので、共有します。

「私は今回の分科会を通して、子どもの権利条約を広めることの重要性を学びました。当事者である子どもが自分たちの権利を知らないケースも多く、知っていたら防げた問題もあるため、私も周りの人への情報発信を行なっていきたいです。また、このように声をあげられることも条約で定まっていると思うので、これからも自分の声を失わずに、おかしいことにはNOという意見を示すということもしていきます。」(今川さん)

「私はこの分科会に参加するまで、一般のおとなの方と子どもの権利条約や子ども基本法について話したことがありませんでした。分科会でのディスカッションを通して、おとなの方々が子どもの権利について考えてくださっていることを知り、とても嬉しくなりました。また、子ども同士でのディスカッションをした時には、私たちが子どもの権利条約を広めるためにできることを考えることができたので、これからも活かしていきたいと思います!」(植岡さん)

「わたしは、分科会での体験を通して、意見を伝えることの大切さを学びました。おとなが子どもの意見に耳を傾け、おとなと子どもが共に子ども基本法を作り上げることで、それがみんなの子ども基本法になり、より良い社会へと向かうのではないかと考えます。そのためには、皆がそれぞれの考えを述べることが大切であると考えます。また、子どもには声をあげる権利があるのだと再確認することができました。この分科会に参加するまでは、多くの人に自分の声を届けることは難しい、と考えていました。現状では当事者である子どもたちの多くが、子どもの権利についてきちんと知りません。この様な状況を踏まえても、このような機会を設けることが、子どもたち自身の権利についての学びや子どもたちの尊厳が守られる、より良い社会へ第一歩になるのではないかと考えました。今後もおとなと子どもが一緒に考えたり意見交換ができる場が増えると良いと考えます。これからも、分科会での学びを踏まえた上で、子どもであるわたしに何ができるかを考え、取り組んでいきたいと考えています。」(波田野さん)

会場参加のメンバー
オンライン参加のメンバー

「広げよう!子どもの権利条約」キャンペーンでは、引き続き、子どもの権利が保障され、子どもの最善の利益が確保されることができるような社会状況になるように活動を続けます。この分科会で寄せられた意見も踏まえ、提言書「今こそ『子どもに関する基本法』の制定を!」を最終化しました。最終版は2021年11月20日(土、世界こどもの日)に本キャンペーンウェブサイトで公開し、国会議員・行政関係者等へ提出しました。

引き続き、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

【参考】2021年11月20日に取りまとめた提言書の最終版は下記サイトからご覧ください。


【参考】子どもの権利をあたりまえに!~子どもの権利を広め、子ども基本法を実現しよう~
2022年1月31日までの間、「子ども基本法」の制定を目指したクラウドファンディングを実施しています。ぜひご協力ください。