映画を通して考えよう、子どもの権利と私たち~第3回“守られる権利”「わたしはマララ」上映会~

映画を通して考えよう、子どもの権利と私たち

今年は「子どもの権利条約」が定められてちょうど30年。 「子ども」がテーマの映画を見ながら、子どもの権利の理解を深めてみませんか?

全4回シリーズの3回目にあたる今回は、子どもの権利の4つの柱の1つ「守られる権利」をテーマに開催します。 上映する映画は「わたしはマララ」。
17歳の少女がノーベル平和賞を受賞という衝撃的なニュースは記憶に新しいでしょう。 タリバン制圧下で教育の必要性を訴え、反対勢力からの銃撃にあって重傷を負うという過酷な状況に置かれながらも なぜ活動を続けることができたのか?彼女を取り巻く家族や環境についてのドキュメンタリーです。 観たいなと思いながら、なかなか観る機会がなかったという方も多いのでは?

また、今回は映画の後に、スペシャルトークイベント「エシカル×ジェンダー×そして日本」を開催。 世界の子どもを児童労働から守る団体であるACE代表の岩附由香と、エシカルペイフォワードなどエシカル系プロジェクトを多数運営する稲葉哲治さんとのトークセッションを実施します。 「守られる権利」をテーマに、マララさんが訴え続けた女子教育や女性の権利を「ジェンダー」や「エシカル」という観点から、日本の私たちの日常生活とひもづけて分かりやすくお話します。

※お子さん連れ歓迎の映画上映会です。「子連れだとなかなか映画を見に行けない」という方も、「子どもにも見せたい」という方も、ぜひお気軽にご来場ください。
※途中入退場自由。
※上映会と同じ会場内に、子どもが遊べるキッズスペースを用意します。見守りのスタッフはつきますが、保育士資格のある者ではありません。ご了承ください。

このイベントに参加する

こんな方におススメです!

  • マララさんの「強さ」について知りたい、子どもに伝えたい
  • 子どもの権利について知りたい、理解を深めたい
  • ジェンダーに興味があり、日本で起きていることをもっとリアルに知りたい
  • エシカルの今を知って、日常的に自分ができることを知りたい
  • お子さん連れでも気兼ねなく映画を鑑賞したい

日時

2019年12月1日(日)13:30~16:10(開場・受付開始13:00)

会場

READYFOR株式会社イベントスペース
住所:東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
最寄: 半蔵門線「半蔵門」駅徒歩3分、有楽町線「麹町」駅徒歩8分

参加費

無料

申込・詳細

http://acejapan.org/info/event/20190728

※この企画は子どもゆめ基金の助成をうけて実施しています
※この企画は「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン」の賛同イベントとして実施します。

【企画・運営:ACEママチーム】
この企画は、ACEが主催、ACEママチームが企画・運営をおこないます。ACEママチームはACEのボランティアグループのひとつです。時間や行動範囲が限られるママたちが、自分たちにできる範囲で国際協力活動に携わっていこう、と立ち上がったグループです。イベントやワークショップを通じて、世界の困難を抱える子どもたちのことを学びながら、 情報を発信していくことを中心に活動しています。

【主催:認定NPO法人ACE】
ACE(エース)は、「子ども、若者が自らの意志で人生や社会を築くことができる世界をつくるために、子ども、若者の権利を奪う社会課題を解決する」ことをパーパス(団体の存在意義)に掲げ活動している日本生まれのNGOです。

このイベントの概要

映画を通して考えよう、子どもの権利と私たち~第3回“守られる権利”「わたしはマララ」上映会~

開催日:
2019年12月1日(日)
主催 :
認定NPO法人ACE
場所 :
READYFOR株式会社イベントスペース

子連れ歓迎です♪お子さんと一緒にぜひどうぞ!