子どもたちと語る いま、子どもの権利をひろげるために大切な4つのこと

現在、日本政府での「こども家庭庁」創設や「こども基本法」制定へ向けた動きが進んでいますが、子どもの権利の視点に立ち、子どもの最善の利益を守ることができる社会づくりをどのように作っていけるでしょうか。 

そこで今回、「子どもの権利の大切さ」について理解を深め、「子どもの権利の実現」のために、「大切な4つのこと」について考えるトークイベントを開催します! 

日本全国の子どもたちがオフライン・オンラインでつながり、その声を聴き、またスペシャルゲストとして、本キャンペーンアドバイザーであり教育評論家の尾木直樹氏をお迎えし、子どもの権利を社会で実現するためにどのようなことができるか、共に考えます。ぜひご参加ください。

※「広げよう!子どもの権利条約キャンペーン」は、子どもの権利が守られる社会の実現を目指して、日本全国から190を超える賛同団体・企業・個人が参加して活動している市民社会ネットワークです。 

開催概要

開催日時:2022年1月19日(水)17:30~19:00の約90分 
実施方法:YouTubeライブ配信(会場参加は登壇者、報道関係者のみ ※新型コロナウイルス感染症対策を徹底した上で開催いたします ) 
スペシャルゲスト:尾木直樹氏(教育評論家、法政大学名誉教授、広げよう!子どもの権利条約キャンペーンアドバイザー) 
参加費:無料 (後日アーカイブ配信は有料の予定) 
主催 :広げよう!子どもの権利条約キャンペーン実行委員会 
協賛 :認定特定非営利活動法人OurPlanet-TV(調整中) 

プログラム(予定)

1.広げよう!子どもの権利条約キャンペーンについて 
2.パネルトーク:日本で子どもの権利を守るために、大切な4つのことを語る 
  A 子どもの権利条約を日本中にひろめる 
  B 子どもの声を聴き、子どもとともに行動する 
  C 誰ひとり、子どもを取り残さない  
  D 子どもに対する暴力を、ぜったいにゆるさない 
3.感想・気づきの共有
4.コメント・キャンペーン提言書の紹介

登壇者 

尾木直樹氏(尾木ママ)
1947年滋賀県生まれ。中学、高校の国語教師を22年間務めた後、法政大学教授など22年間大学教育に携わる。臨床教育研究所「虹」所長として教育・子育てに関する調査・研究、評論活動を続ける。「尾木ママ」の愛称で親しまれ、Eテレ「ウワサの保護者会」やフジテレビ「ホンマでっか!?TV」など多数のテレビ番組で活躍中。

子ども数名(調整中)                                      
甲斐田万智子氏(キャンペーン共同代表、国際子ども権利センター代表理事、文京学院大学教授)
林大介氏(キャンペーン実行委員会組織 子ども権利条約ネットワーク事務局長) 
岩附由香氏(キャンペーン実行委員組織 認定NPO法人ACE代表)(モデレーター)

クラウドファンディングに挑戦中!

2022年1月31日までに200万円の目標達成を目指してクラウドファンディングを実施中です。キャンペーンの活動に「いいね!」と思っていただけたら、ぜひご寄付での応援をお願いいたします!!(以下の画像をクリックするとクラウドファンディングサイトにて詳細をご確認いただけます。)

お問い合わせ

お問い合わせはメールにてご連絡ください。
広げよう!子どもの権利条約キャンペーン事務局 NPO法人ACE
childrights%acejapan.org(%を@に変えてお送りください) 

このイベントの概要

子どもたちと語る いま、子どもの権利をひろげるために大切な4つのこと

開催日:
2022年1月19日(水)
主催 :
広げよう!子どもの権利条約キャンペーン
場所 :
オンライン(YouTubeライブ配信)

アーカイブ動画は有料配信予定